プライムビジネススクール

KIDSコース

KIDSコース

こちらのコースは月謝制です。

2012年から公立中学校で、また2020年からは公立小学校でもプログラミング教育の導入が検討されています。
これは将来子どもたちがプログラマーになることを期待しているわけではありません。プログラミングを学習することにより、養われる5つの力をつけることを目的としていると言われています。
プライムのKIDSコースは子供さんたちの発想力やひらめきを大切にするために授業形式を取らず、ワークショップ形式で行います。

養われる5つの力

開催日・時間

※ジュニアプログラミングコースは月謝の他にテキスト代が必要です。(実費2,052円 さらに上級に進まれた場合別途テキスト代が必要になる場合があります。)

※月謝は前月末日までに振込または保護者の方がご持参ください。

※左記の日程よりご都合のよい日を月4回選んで受講していただきます。

10月3日(火)開講分のお申込締切は、9月30日(土)までです。

毎週火・木(月4回)

①16:00~16:50
②17:00~17:50

ジュニアプログラミングコース

  プライムではScratchというプログラミングツールを使います。

 Scratchは、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ(Media Lab)のライフロングキンダーガーテングループ(Lifelong Kindergarten Group)が開発しています。主に子ども向けに利用されている、ビジュアルプログラミングを用いたプログラミングです。

  ビジュアルプログラミングとは、パズルを組み立てるように、ブロックとして用意されている「命令」を、いろいろ組み合わせるプログラミング環境です。そもそも「プログラミング」とは、さまざまな「命令」(Scratchの場合は、例えば猫の絵に「動け」「鳴け」と命令する)を組み合わせて、コンピュータに実行させることです。英語だと「programming」、つまり「(コンピュータに命令する順序を)計画する」ということです。

子どもたちが自由に考えられるように、1から10までを指導するのではなく、一緒に考えながら問題を解決していくような形式ですすめます。各自が自由な発想で、独自のゲーム作りを楽しみます。

Scratchはフリーソフトですから、おうちに帰ってからも復習したり、USBなどのメディアをご持参いただければ、途中のデータを持ち帰って続きをすることもできます。

希望者はパソコン持参も可能です。Scracthは無料でインストールいたします。

希望される方は検定受験(ジュニアプログラミング検定)もできます。

ホームページ作成コース

ジュニアプログラミングコースを卒業または、基本的な使い方をマスターした方が対象です。

特別なソフトを使用せず、どのパソコンにも入っているエディタ(メモ帳など)やペイントを使用して、全くオリジナルなホームページを作成します。

作成する上での決まり事などを学習しながら、タグやスタイルシートの記述方法をマスターします。

お申込方法

まずはお電話ください。フォームからのお問合せも歓迎です。

アクセス

P